SIMロック解除ってなに?

最近になって「SIMロック解除」という単語をよく目にするようになったと思う。
それもそのはずで、来月にSIMロック解除が義務化されるんだそう。
ただ、「そもそもSIMロック解除ってなによ・・・?」と思っている私には縁遠い話題だったようで、解除が義務づけられる1ヶ月前になって初めて知ったという次第(笑)
こんなのアナログ人間の私だけでは・・・と思っていたんだけど、意外にもSIMロック解除を知らなかったという人も25%くらいいるらしく、ちょっと安心した(笑)

ちなみにSIMロック解除っていうのは特定の携帯電話キャリアが発行しているICカード=SIMカードの制限を解除すること。
このSIMカードには契約者の個人情報が記録されているらしく、携帯電話会社とユーザーの両方にメリットがあったんだとか。
たとえば携帯電話会社側からすれば、特定のキャリアでしか使えないようにすることで、簡単に顧客を囲い込むことができる。
一方のユーザー側としては、キャリアが上記の方法であげた利益を還元する意味合いで、販売奨励金を出して端末が格安で売られるという現象につながるというメリットがあった。

ただ、このSIMロックがあることでキャリア間の競争が阻害されていて、一部キャリアに支配力が偏っているという見方もあること。また、販売奨励金を出して格安端末を売りさばくという商法は携帯のがラゴス化をもたらしているということで、経済的な損失にもつながっているらしい。

こういったデメリットが取りざたされた結果、来月のSIMロック解除の義務づけにつながったみたいだけど、これが解除されることでユーザーにどのくらいのメリットがあるかどうかがまだいまいちよくわからない。
こんなことだから時代に取り残されるのかなあ・・・(汗)


あおり商法じゃないの?

先日、オランジーナの新商品であるレモンジーナが売れすぎて販売中止になったというニュースが流れたばかりだけど、今度は「サントリー南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」の販売も一時中止されることが発表されたらしい。

レモンジーナもヨーグリーナもどちらもサントリーの飲料商品。
新発売とほぼ同時に「売れすぎて販売中止」というのが相次いだとなると、「これは品薄商法では・・・」と勘ぐりたくなってしまう。

実際、いつだったかガリガリ君の新商品が品薄状態になり、どこに行っても売っていないことからレア視され、見かけたらとりあえず何も考えずに買う!という人が続出した。
日本人はもともと「限定品」とか「残りわずか」とかいうあおり文句に弱いらしいので、今回のサントリーの「品薄&販売一時中止」もあおり商法の一環だと疑われ始めているらしい。

まあレモンジーナについても、品薄で販売中止・・・というニュースを見た直後、近場のスーパーに行ったら山のように積んであって、「これのどこが品薄・・・?」と首をかしげてしまったんだけど(笑)

ちなみにレモンジーナは土の味・・・と表現した人がいてまた別の話題になっていたけど、その独特の表現方法が気になって、怖い物見たさで飲んでみたいという人も増えたみたい。
もしかしたら、この「土の味」騒動も実はサントリー社員の工作だったのでは・・・?

まあ企業側としては、売れるかどうかわからないものを最初から大量生産するわけにいかず、ある程度控えめに生産するっていうのは知っているんだけど、たとえ商法じゃなかったとしてもお客さんに迷惑をかけていることに変わりはないから、もうちょっとしっかり見通してよ・・・と思ってしまった。


整形って怖い・・・

一昔前までは整形手術=大がかりなものというイメージだったけれど、今は自宅で簡単にできる「アイプチ」をはじめ、数万円程度で実践できるプチ整形も多くなってきたことから、芸能人だけでなく、一般人でも整形する人が増えてきた。
整形する理由は人それぞれだと思うけど、一番多い理由は自分のコンプレックスの解消で、たとえば低すぎる鼻を高くしたいとか、一重の目を二重にしたいとか、そういう願いをかなえることで、自分に自信をつけたいという気持ちが大きいのだと思う。
ちなみにお隣の国では女性が整形するのはごく当たり前のことのようで、日本よりもさらに整形がポピュラーらしい。

どちらかと言うと日本ではまだまだ整形はタブー視されているようなところがあるし、おおっぴらに「私、整形しているの」と言う人は少なくて、海外の方が整形に関してはオープンで肯定的だと思うのだけど、そんな海外でもまわりが仰天するような整形を行った人がいるらしい。
整形したのは中国の15歳の女の子らしいのだけど、整形前と整形後の顔を見比べてみると、あまりの変わりように愕然・・・。
もともと整形前だってそれほどひどい顔だったわけじゃないのに、整形後はいかにも「顔をすべて作り替えました!」という感じで、ものすごく人工的な感じになってしまっていた。
一見整っているように見える容貌だけど、正直、いかにも作り物というか、人形じみたた顔で怖い・・・・というのが本当のところ。

ちなみに彼女が整形した理由は彼氏に振られたためらしいんだけど・・・。
振られた理由が顔のせいだったのかどうかわからないけど、整形後の顔を見て、彼氏が飛びついてきたとしたら・・・・ある意味、お似合いのカップルかも(汗)


そういうことをしてるからだめなんじゃ?

アベノミクス効果で大企業は基本給を値上げしているというニュースをさんざん目にしてきたけど、その一方で、大企業のはずのマクドナルドが4月から基本給を引き下げるという話題が飛び込んできた。
実は日本マクドナルドが基本給に手をつけるのは初めてのことだそうで、4月以降、つまり今月から一部社員の基本給をカットするんだそうだ。

この「一部の」というのがくせ者で、どうやら日本マクドナルドでは、評価に応じて階級を4つに分類していたらしい。
で、今回基本給の引き下げ対象になるのは、上から3、4番目の社員が対象。
引き下げ幅は昨年の基本給から1~4%になるらしい。
この「上から3、4番目の社員」というのが明確にどのあたりを指すのかわからないけど、首脳陣ではないのは確か。
おそらく現場にいる社員ではないかと想像しているんだけど、業績が悪化したのは現場に問題があったわけではなく、あくまで「マクドナルド」そのものの客に対する対応や態度のせいだと思うんだよね。
それなのに「上から3、4番目の社員」の基本給をカットするってどうなのよ・・・と正直思う。
まずは上から1、2番目あたりの首脳陣や社員の給与や報酬を大幅カットしてから着手するのが筋でしょうに。

そういうことをしているから、ますます客からの反感も買って、業績は悪化の一途をたどるんじゃないかと思うんだけどなあ。


白髪ケアに効くかな?

私はもともと髪のボリュームが多く、髪質もしっかりしているので、自分には育毛剤は必要ないかな~と思っていた。
でも、髪質や髪の量に問題はないけど、そのぶん白髪が多いのが悩み・・・。
白髪が多いと、たとえ薄毛じゃなくても老けて見えるから、やっぱりちゃんとケアしたいところだよね。

でも白髪染めを使うのは髪が傷みそうで嫌だし・・・とあれこれ調べていた時に見つけたのが秋野暢子 育毛剤の「ベルタ」。
これまで芸能人やベルタの会員だけに販売されていた特別品らしいんだけど、最近になって一般向けにも販売されるようになった商品らしい。

56種類も頭皮ケア成分が配合されているところもすごいけど、何と言ってもその成分をナノ化しているところにこだわりを感じる。
どんなにいい成分を使っていても、やっぱり毛根とか、頭皮の奥まで浸透しないと、ちゃんと効かない気がするもんね。
それに天然由来成分99%以上ということだから、肌や髪にも良さそうだし。
少なくとも、市販の白髪染めを使って髪や頭皮を傷めるよりは良心も痛まなそう(笑)
これを毎日コツコツ使っていれば、生え際に目立つ白髪も少しは目立たなくなってくれるかなあ?
もともとカラーリングもしていない黒髪だから、今のままだと白髪もごまかしきれないんだよね・・・。


20年経つけどあんまり成長していない

何だか最近パソコンの起動時間がやけに長いので、もしかして壊れる前兆では・・・と怖くなり、久々にデータのバックアップを取ることにした。
一応外付けHDDはあるのだけど、そのHDDも割と年代物なので信用できず・・・。

そこで今は無料で利用できるクラウドサービスを使うようにしている。
とあるサービスの有料会員になっているので、その関係で保存容量もそこそこ多く、データのバックアップにはもってこい。
といってもすべてのデータをバックアップすると大変なので、とりあえずなくなっては困る物を優先的にコピーすることにした。
特に一番困るのは、デジカメで撮影した写真データ。
不精者なので、デジカメ撮影したデータはパソコンに移し替えたらそのまま・・・というのがほとんどなのだけど、そのぶんパソコンが壊れたりしたらすべてパア(汗)
なので真っ先にクラウドサービスにアルバムフォルダをそのままコピーし、保存しておく。
これなら万一パソコンが壊れて買い換えることになっても、クラウドサービスさえ利用できればいつでもデータを引き出せるから安心。

まあそれでもパソコンの買い換えということになれば、旧パソコンからの引越作業やら何やらで、大体1日がつぶれてしまうんだけどね・・・。
パソコン歴は割と長くて、もう20年くらいになるはずなんだけど、こういう作業がいまだにスマートにできないのは、根本的にコンピューターに向いていないのかしら・・・と落ち込むこともある(汗)


ミシンは直さないとだめ

もともと裁縫が得意ではなく、ハンドメイドなんてもってのほか・・・だった私。
ところが子供が幼稚園の頃、絵本バッグや体操着を入れる袋を手作りしようかな・・・とうっかりつぶやいたのを夫が聞いていて、それを雑談として義母に話し、そうしたら気を遣ってミシンをプレゼントされてしまった。
ミシンなんて使ったのは高校の家庭科以来・・・。
なのですごくプレッシャーになってしまったのだけど、使ってみたら本当に便利で、それからも学校で使うぞうきんを縫ったり、裾上げに使ったりと大活躍していた。

ところが昨年、いつものようにミシンを使おうと思ったら、下糸が絡まってとんでもないことに・・・。
何度直しても同じように絡まるので、ネットで検索したら、どうやらミシンの内釜が摩耗しているらしい。
つまり、修理の必要があるのだけど、そんなにミシンを使うわけじゃないしなあ、いつか直せばいいかあなんてのんびりかまえていたら、いつの間にか新年度に。
学校で使うぞうきんをはじめ、今回は長男が中学生に上がったので制服を着ることになったのだけど、サイズが大きくて裾上げをしなくてはいけないことに・・・。

最初は裾上げテープを使えばいいかと安易に考えていたんだけど、つけた翌日にはがれるという大失態(汗)
やっぱり縫わなきゃだめか・・・と思ったけど、ミシンは壊れているし、仕方なく手縫いすることになった。
不器用な上、慣れない裁縫に四苦八苦し、1時間近くかけてズボンの裾上げ完成。
やっぱりミシン直さなきゃだめだなあ・・・と痛感した一日だった。


もしかしたらあきらめなくていいのかも?

子供を出産して、母乳で育てた人なら誰でも避けて通れない道・・・だとは思うのだけど、それでも自分のバストサイズが縮んだり、しぼんだりしてしまうのは悲しい・・・。
特に授乳中は妊娠前より1~2サイズくらいアップするので、その後、急速に縮んでしまう自分のバストを見ると、その落差が激しくて余計に落ち込んでしまう。

私も妊娠線が出ないようにとボディケアはしていたつもりだけど、バストアップまでは考えていなくて、無残な状態になってしまった自分のバストを前に後悔したことが何度もあった。

でも、一度縮んでしまったバストもあきらめることはないらしいとバストあっぷるん 口コミを見て知った。
よくある「飲めばバストアップ!」みたいなうさんくさいものではなく、乳腺マッサージすることで、下がったバストを簡単にアップすることができるらしい。
実際に体験した方によると、2カップのサイズアップに成功した人が結構いるみたいでびっくり。

一度下がったり、垂れたりしたバストはもう二度と戻らないと思っていたけど、何事も「遅すぎることはない」ってことなんだなあ。
マッサージもDVDを見ながら簡単にできるみたいだし、特に痛みを感じる心配もないというし・・・。
私の場合、最後の妊娠・出産からもう8年くらい経過しているんだけど(汗)
それでももしかしたら?と久々に期待できる話題を見たなあと思った。


やめてほしい趣味

結婚した後にパートナーに幻滅した・・・という話はよく聞くけど、実際にどんなことに幻滅したかと言うと、意外と趣味関連のものが多いらしい。
一番多いのはやっぱりギャンブル。以前はパチンコ・パチスロ・競馬などの賭け事は男のものってイメージがあったけど、今は主婦がパチンコにハマるなんてさしてめずらしいことでもないみたい。
ちなみに私は30数年間生きてきて、パチンコ店に足を踏み入れたのはわずか1回のみ。
それも自分がプレイするからではなく、子供の頃、パチンコに行った父にキレた母が店まで押しかけ、財布のお金を抜き取ったときにそばについていたから(笑)
もう20年くらい前のことなので記憶はあいまいだけど、大嫌いなタバコの煙が充満していて、しかもやたらうるさくて、店から出たときにはほっとしたものだった。
そのときの嫌な雰囲気がしっかり目と耳、鼻に焼き付いてしまったせいか、大人になっても寄りつきたいとはみじんも思わず、きっとこれからも足を踏み入れることはないだろうなと思っている。

ちなみに夫はパチンコ、パチスロに定期的に通っているようだけど、お小遣いの範囲内で行っていることなら別にやめてほしいとまでは思わないかな。
もちろん、家計に手を出してきたりしたらアウトだけど、他には特別趣味のない夫。たまの息抜きだったら別にいいかなと黙認している。

インターネットのアンケート調査では、ギャンブルの他にも「萌え系アニメ」とか「アイドル」にハマるのはやめてほしいという意見が多いみたいだけど、もし夫がこういうのにハマったとしたら・・・うーん、確かに冷たい目で見てしまうことはあるかも(笑)
ただ、やっぱりお小遣いの範囲内で楽しんでいるならいいかな。だって趣味は人それぞれだもんね。


野犬化してたら怖い

熊本県で大型犬2匹が飼い犬をかみ殺すというショッキングな事件があったらしい。
事件が起こったのは2月。数百メートルの範囲内で2匹の飼い犬がかみ殺されているのが見つかって、現在も保健所や猟友会の人たちが捜索しているみたいだけど、2ヶ月経った今でも行方しれずなんだって。

ちなみにこの大型犬2匹、飼い犬の所在もわからないんだとか。
どっちもシェパードくらいの大きさの雑種で、片方はGPS機能付きの首輪がつけられていたというから、どこかに首輪をつけた飼い主はいるはず。
それでも2ヶ月にわたって名乗り出ないということは、今回の事件を知って見て見ぬ振りを決め込んでいるか、あるいは飼い主自身に何かあったのか・・・。

どっちにしろ、2ヶ月にわたって捜索しても見つからないってところがすごい。
まあ警察の大捜索ってわけじゃないから捜索範囲にも限度があるだろうけど、いくら大型犬と言っても飼い犬だったわけだし、そんなに遠くに行くものなのかなあ。
それとも飼い主が判明していないのをいいことに、とっくの昔に家に戻ってかくまわれているとか?
それなら飼い主の自宅を探し当ててしまえば一件落着だけど、怖いのは野犬化してしまっていること。

今回は飼い犬に被害だったけれど、今度は人を襲わないとも限らないし。
たかが犬・・・と思う人もいるらしいけど、大型犬が本気で襲いかかってきたら大けがする可能性大。
場合によっては命の危険もあるから、一刻も早く見つけてほしいなと思う。


1 2 3